ベビーシッターの仕事はどこにあるか - ベビーシッターは子どもが病気の時にも役立つ

ベビーシッターの仕事はどこにあるか

subpage-img

ベビーシッターの働き方で多いのが、ベビーシッター専門の派遣会社に登録して、派遣やアルバイト、パート社員として仕事をする方法です。他には、保育所や幼稚園などの企業で正社員として働くこともできます。

また、独立開業して自宅で保育ママとして仕事をすることも可能です。
ベビーシッターは時間で仕事を区切ることができるので、フルタイムではなくてもアルバイトやパートなど自由に働けるのがメリットです。

人によっては、専業ではなく平日は別な仕事をして、休日だけベビーシッターとして働いていることもあります。



仕事場所はあちこちにあり、ホテルやイベント会場、デパートや映画館にまで仕事があります。


地方でも需要はありますが、特に働く女性の割合が多い都市部の需要が多いです。



普通の保育園ではインフルエンザなどの感染症になった子どもは、預けることができません。



しかし、ベビーシッターであれば病児保育を依頼することができます。

なので、病気や病み上がりで登園できない子どもの自宅に行って、保育を行うこともあります。


障害児保育専門の仕事もあり、この場合には介護や看護の専門資格を持っているシッターが仕事にあたります。

基本的な仕事は専門資格を持たなくてもできますが、病児保育や障害児保育をする場合には専門の資格がないとできません。


なので、保育士や看護師、介護士などの専門資格を取得している人が働いているケースが多いです。
何れにしても、子どもの命を預かることには変わりありません。

top